つくばいにセキレイ :大山崎2002年09月17日


Before
改造前
                   
  

 やさしいご主人のていねいな管理で、ふだんから塵ひとつない美しいお庭でした。

 ただ、お宅は庭に大きな石を搬入できない構造でした。
 並んでいた石を、役石や土止めに再利用しましたが、写真右隅の、のっぺりとした長い石を掘り出してひっくり返してみると、実はとても大きく立派な石で、これを後ろめに据えると、それだけで庭の骨格が決まってしまいました。

 ぴったしの材料が現場に埋もれていたのは偶然のようですが、この仕事をしていると、似たようなことを案外よく体験します。不思議ですが。

                  ↓
After
改修後

 左下は、好きな花を気儘に植えたいという奥さまのスペースです。
 

 ブロック塀は、控えも建仁寺垣でカバー。建仁寺垣の裾に、のし瓦を使う手法は狭い通路などにも非常に有効で美しく、かつて尊敬する師、桃東苑に教えていただきました。ここでは耐寒瓦を横遣いしましたが。


出てきた石を中心に蹲踞を組む




↓後日、あそびに来てくれた2羽のセキレイを室内から撮影し送ってくださいました。

水であそぶセキレイ



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nichinichian.asablo.jp/blog/2002/09/17/6672057/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。