子どもと植栽 : こころってなぁに2016年09月25日


みつばち保育園西山園舎の桑1

あなたには、愛する木がありますか?

木はほかの生きものたちの思いを、そこから動くことなくじっと受け止め
決して、ほかと比べたり、競争させたり、教育したり、責めたりしません。
大ぜいの雑音から、ひとり隠れる場所もそっと提供したりして
木には、地球上の自然の一部である人間の、「こころ」を育てるという大切な役割もあります。(※注) 

都会ではこのところの保育園開設ラッシュ?で
お役所も設計者もゼネコンも忙しそうですが、植栽等の外構については、建物のオマケ程度にあしらわれているのが現状です。庭なのにまるで路側帯の緑化状態。よくても住宅展示場の植栽以下。


カタクリの花を見る



高島にて。

こんなふうに恒常的に園外に出てゆける環境にいる年長組はまだしも
0歳からの年少組は当然、園内で生活のほとんどをすごします。
「三つ子のたましい百まで」という、たいせつな時期を。

一方、誰かさんのお陰もあってこの国では、弱者切り捨て、経済効率(お金)最優先がまるで暗黙の了解のようになってきました。幸せとは何かと考えず、損得や目先の利害に敏感に振り回される風潮。
相模原事件の衝撃は、そんな経済至上のしくみの中で、「こころ」を欠落させたような不自然な人間たちの社会がどういう帰結を迎えるか、というところまで想像させるに十分でした。

ここでは特に、子どもたちの育ちと庭(や自然)の関係についてもう少し具体的に考えてみようという保育士や保護者、そして建築士や造園のご参考に、自分がかかわってきた中から、8件の植栽や作庭に絞って(不十分は覚悟の上ですが)紹介しておきたいと思います。豪華な遊具や凝った造園などはひとつもありませんし、保育の方法や内実、地域性にも大きく関連することとは思いますが、どれかひとつでもヒントになれば幸いです。

なお写真の多くは、みつばち保育園(京都市西京区)丸国朋子園長のご協力をいただきました。
みつばち保育園をつくる会の園長ブログも、是非ご覧になってください。大人も含めて、人(の心)を自然に育てるために、保育園はここまでできるんだという地道で貴重な記録があります。



      *          *          *


(※注)

   脳内に「こころ」は存在しない

  受精から乳幼児期までの「こころ」の形成のメカニズムについては、近年各国でさまざまな分野に於いて、少しずつ研究がなされてきています。
 医学的、解剖学的にも脳にはないとされる「こころ」の在処(ありか)やその形成が、世界的に注目されるようになった大きなきっかけは、故三木成夫氏(みきしげお 解剖学者、東京藝大教授、1987年61歳で逝去)の研究だと云われています。埼玉県さくらさくらんぼ保育園での講演『内臓のはたらきと子どものこころ』(1982年築地書館) (現在は、河出文庫『内臓とこころ』としても出版されております) は、聴衆の大きな感動を呼び、現在未来に向かって、社会的にも重要な問題提起でした。夭逝(ようせい)が惜しまれます。
 地球と同じく、奇跡のようなヒトの体の不思議さとともに、暑い、寒いといった四季や、土や水、草木など自然(=宇宙)の感触から隔離された便利快適な箱の暮らしや、「脳の発達」のみを偏重し、目的化したような保育が、乳幼児期の「こころ」の形成(あるいは共生というDNAの意思)を阻害していることにも気付かされました。




.........................................................................


1. 銀杏(イチョウ)   みつばち保育園・本園の主木


銀杏の収穫

ギンナンとり


みつばち保育園の銀杏2

比較的踏圧にも強い、大実銀杏の雌株成木を植栽。珍しい開張型の樹形で登りやすい。
銀杏は御堂筋ではおなじみですが、98年に絶滅危惧種に指定されています。針葉樹に近く、恐竜の時代や氷河期を生き延びてきた、生きている化石ともいわれています。



酷暑で弱った銀杏に水をやる1歳児

今夏の酷暑で弱ってきた銀杏に、水を運ぶ1歳児たち。



ひとりになって集中したいときの場所

みんなと離れてひとりで集中したい時も、銀杏の影に。
園長によると、この幹に抱きついて、ひとりじっとしている子どももいるそうだ。



0歳児室側から見た園庭の配置

(レイアウトについて)
0歳児室側から見ると、手前に専用の極細粒砂を入れた3m四方の砂場(園庭レベルで枕木埋め込みのため、大地に柔らかく同化し、公園のコンクリート砂場のような違和感はありません)、
その向こうに土の山、さらにその向こうに銀杏等の植栽群のある山、という配置。
狭い園庭ならではの思い切った工夫だが、0-1歳にとってはちょうどいい広さと眺め。



右側が0歳児室

右側が0歳児室。専用の砂場は園庭に溶け込んでいます。園庭にいるのは1歳児。



0歳児の意欲

0歳児の砂場からは手前に土の山、その向こうに木の山と、いつも順番に大きい子どもたちの遊びが見えます。0歳児の意欲も違ってくるかも。



........................................................

2. 桑の木 (みつばち保育園・西山園舎の主木)


みつばち保育園西山園舎の桑3



みつばち保育園西山園舎の桑5

おいしい桑の実(ドドメ、マルベリー)。桑の葉は養蚕で知られていますが、立派な果樹。古来、桑の木には霊力があるといわれており、世界中に逸話が残されています。中国では聖なる木とされています。



みつばち保育園西山園舎の桑6

子どもたちはとても慎重に手足の場所とバランスを考えながら登っています。降りるときはさらに慎重になります。
自分がどこらあたりまで安全に登り、且つ降りてこれるかは、本人がいちばん分かっていますが、保育士はそれぞれの子の力やその日の状態を把握した上で信用して見守っています。
私も実際に登りながら、子どもたちが登りやすく、また、保育士たちがその様子を把握できるように、という手入れを毎年繰り返しています。



みつばち保育園西山園舎の桑2



みつばち保育園西山園舎の桑4

幹に抱きつくカイカンは、地球に抱かれる安心感。







ところが、この年

養生作業を終えると、心配そうに見ていた子どもたちが一斉に登り始めた、

台風18号の直撃で二股の根もとから裂けて倒れてしまいました。保育園の理事長からは、すみやかに撤去するよう依頼されましたが、一晩考えて、傾いた方は起こし、芝生山の上に完全に倒れてしまった半分は、そのままの状態で養生して子どもたちと共に生きていくことにしました。
伐られるのではと心配そうに見ていた子どもたち。『もう大丈夫、登ってもいいよ』と告げると一斉に登ったり幹にさわったり。



年少も登れる桑の木に




2歳児も桑の木登り

2歳児。年長の木登りにあこがれていた年少たちも、これなら遊べます。
木に付いた虫みたい?



起こした方は桧丸太で支柱

起こした方は、根を養生し、6m長 3本の桧支柱をした上で登ってみましたが、以前よりも数段むつかしくなりました。工事中もそばを離れず、何度も『切らんといて』と懇願していた彼は、許可を得るとうれしそうに真っ先に登っていきました。



.......................................................................

3. 藤棚とキウイ棚 (みつばち保育園・西山園舎)


みつばち保育園西山園舎の藤棚2

藤の花が笛になることを発見。


みつばち保育園西山園舎の藤棚1

藤の美しさと香りは、また格別。白と紫と赤紫の3色を混ぜました。
季節感には、自然の美しい色彩や触感、造形と共に、エグい、渋い、くさい、酸っぱい、辛い、甘いといった豊富な味覚や匂いも重要な要素です。虫や動物たちはよく知っていますが。

 

キウイ棚

登れるキウイ棚



みつばち保育園西山園の藤棚2
 



みつばち保育園西山園の藤棚3

棚は遊具としても活用されます。西山園舎には3箇所あります。




年輪がとても細かく重たい右京区京北 黒田地区産の芯持ちヒノキのみで組みました。ドイツ・オスモカラーウッドステインプロテクター使用。10年経ちました。再塗装1回、イタミやささくれは全くありません。


.................................................................

4. グミの木と柿 (みつばち保育園・西山園舎)


採りたくなる、緑と赤のコントラスト

かわいいコントラスト。グミの色はなぜだかうれしくなります。



初夏のグミとり

グミ採りは初夏。


グミの赤



みつばち保育園西山園舎のグミ1

虫だってグミを放さない



柿とり

秋は柿



グミの木から柿を取る

柿はたいへん折れやすい。彼は隣の頑丈なグミの木に登り、柿の枝を引き寄せて採った。



グミの木から柿を取る2



.............................................................


5. 芝生の山  (0歳児専用)

みつばち保育園の芝山

大地の起伏は大切ですが、広すぎると不安になります。植栽などで安心感のある地形や配置を。後ろの大木は大実ザクロ。(みつばち保育園)



みつばち菜の花保育園の芝山

0歳児室から直接ハイハイで出れる芝生山。年長児は入りたいけど入らない。イチジクやバショウ、クヌギやマンサクの他、保育室の西日よけを兼ねて高木も植栽。コブシとホオノキ。
ホオの葉は大きくて殺菌力もあり、万葉の時代から食べ物の包装などに使われてきました。給食室でも活用できます。花は大きく蓮に似ています。樹皮は生薬コウボク。
コブシの花は春の農作業の指標とされてきました。花蕾は生薬辛夷(シンイ)。鼻詰まりの薬。
(みつばち菜の花保育園)



................................................................


6. ノウゼンカズラのアーチ2種

北園舎(西洋種)
みつばち保育園・北園舎のアーチ

みつばち北園舎と呼ぶ別邸入口。幹線道路とバス停に面していてガサツな環境のため、あえて異界への入口風に。西洋種ならではの旺盛な「こんもり」感を利用しました。成長は予想よりかなり激しいですが。
建物まで続く石畳の奥にはナツメ、ヤマモモ、サクランボ、ヒメリンゴ、イチゴの木、ユスラウメ、夏ミカン、百目渋柿など、実のなる成木がいっぱい。バスを待ちながらブルーベリーを覗き込む御婦人。


みつばち菜の花保育園(日本種)
みつばち菜の花保育園のアーチ




みつばち菜の花保育園のノウゼンカズラ

こちらのアーチは、ブルーベリーやキンカンが並ぶ長い園路のアクセント。松の流木に絡む日本種のあっさりとした樹形と大きくてエキゾチックな花。花期も長く、今年は9月の今でもまだ咲き続けています。



........................................................


7. ただの山 (西山園舎)

園庭のど真ん中に、10t車10台で作った、ただの土の山。 子どもたちの創意工夫で常に変貌します。

「アカハラすべりー」と名付けられた腹式高速スライダー

2歳児の大胆な発明、「アカハラすべりー」というらしい超高速自腹式スライダー。園外では決してできない遊びです。



雪が積もれば当然こうなる

雪が積もれば、これが自然。



1歳児もどんどん登る

1歳児もガンガン登ります。このデコボコがまたおもしろいのです。




かまど。




・・・・・・


おふろ好きだね~

ほんと好きやねー



山頂に露天風呂を

年長は山頂を掘って


風呂完成

露天風呂を作ってしまいました。



山の整備を手伝う4歳児

山の整備を手伝う4歳児。



自主トレ

2歳児の自発的な運動会の練習。ラグビー部ではありません。



運動会2016/09/25

西山園舎での今年の運動会(2016/09/25)。クワの木より右奥、藤棚下から園舎内までL字型に広く観客席を取り、土の山とグランドが子どもたちの舞台。
カメラはプロに任せて(それがルール)、素直にじっくり子や孫たちを観ていただき、「到達度」ではなく、自発的な助け合いや強い仲間意識に支えられた努力や集中力が、ひとりひとりの生きる自信となってゆく様子に、親たちも気付くことが多いはず。一見の価値あり。


畑は左の山のさらに向こう側にあります。

.......................................................

8. 畑   (西山園舎)


道具を安全に使う

腰の入った道具の使い方と、安全な間隔もいい感じ。
この西山園舎の畑の土は、真砂土にJA京都中央製の堆肥(京の植木屋が剪定した枝葉とサントリーのビール残渣が原料)を3トンと諏訪の黒曜石パーライト等を大量に混ぜ込んで作りました。土にもいのち、原料や熟成度の不明確な格安「バーク堆肥」などは使えません。



西山園舎の畑作り

力の入れ方と3人のバランスがすばらしい。まったくいい仕事をします。




しかし、沓掛から南へ西山を縦断する京都縦貫道の延伸工事後、鹿やイノシシに加えて、昼間でも毎日のようにサルの群れがやって来て、子どもたちの畑やサクランボやスモモといった果樹を食べ尽くすようになりました。
人間の「経済活動」によってテリトリーを分断されたり、棲みかを追われた子連れサルたちの必死の行動には、もう畑を守るすべを知りません。



タマネギの収穫

できればそういった心配のない都会地での畑を確保したい。こんな具合に(2歳児)。



.....................................................................................


≪附記≫

  植栽樹木の準備について  

一般的に建築設計者は、植栽については依頼者の希望を聞きながら参考書を片手に樹種や大きさを数字で決定します。公共事業等のいわゆる規格物や苗木なら生産量も多く、ほとんど入手できますが、現場が要求する特殊性によっては、樹種とサイズを注文すれば入荷できるとは限りません。

保育園の場合、重要なのは、その現場(特殊性と目的)に見合った樹種の選定とその個々の樹形、そして芝生山や棚などの大地の、使えるレイアウトと配置です。つまり、そこでどういう保育をしたいのかということに尽きます。保育士たちや保護者のわくわくするような思いを形にしていくのです。

たとえば、みつばち本園の主木「1.銀杏」は、子どもたちが登れること、葉張りが6m以上で樹形や木陰がやさしいこと、季節感に富み、実が食用にできること、虫がつきにくいこと、踏圧に強いこと、高額でないこと等が条件でしたが、探し回って、出会いの木を特定してからも1年以上の準備が必要でした。
いわゆる「根回し」という作業です(伸び放題の根を一旦切り詰めて新根を出させ、移植が可能なコンパクトな根をつくること)。根だけでなく葉張りなども、なんとか運搬可能な状態に持ってゆく必要があります。さらに、樹種によって安全な移植適期があります。

しかし多くの場合、新設の植栽は人間(経済)の都合で厳密に限られた工期にあわせて、このナイーブな生きものを無理から移す作業です。
大切な出会いの木を枯らしてしまったら、もう代わりはありません。充分な配慮が必要です。

建物の竣工はそれで完成=工事終わりですが、生きものである庭にとってそれは、人間と共に成長し変わってゆく長い付き合いの始まりにすぎません。生きものならば年々良くなってゆくのが自然の理、そのための維持管理方法や園内の体制(ふだんの水やりや芝刈は誰がするのか等)についても、ひととおり考えておく必要があります。もちろん、お膳立てするのではなく生活の一場面として、子どもたちと共にできることも多いはず、保育士だけで無理して維持しようとせず、自然やほかの生きものから一緒に学んでゆくつもりで、考えていきましょう。



高さ、葉張りとも3m50を超える、おいしいハッサク

今春、園舎を建て替え中の保育園から打診があった時点ですぐに、高さ、葉張り3.5m以上のハッサクを特定しました。ハッサクにとっては移植困難期である1月の植栽が想定されるため即、根回し、高さ2mにまで強剪定し、特大の鉢上げをしていただきました。(↓鉢上げ後)
希少な木の場合、話がまとまるまで待っていたら、根回し後の新根の成長が間に合わないので、リスクがあってもこういう対応をします。



真冬の植栽を見越して、根回し、鉢上げ。樹高も2mに。

京都木村農園や仲西造園の丁寧な仕事と管理で、鉢上げ後も元気でいてくれています。手前のポットはブルーベリー1m。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nichinichian.asablo.jp/blog/2016/09/08/8174852/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。