構えない構え : 伏見2015年05月14日

住む人の生き方や好みにあわせて、明るく暮らしやすくしました。
2年かけて、少しずつ変わっていく様子です。


Before 〈着工前 庭側〉
勝手口 着工前
 
   ↓ 
 〈ブロック塀や門柱門扉を取り去って工事は続きます〉
勝手口を壊して工事中

  
かたちが出来てきました。
完成 

   ↓ 

冬。庭の奥の方は、生きた土作りをして、とりあえず今年はトマトと茄子の畑 。
そしてさらにその翌年には↓こんな具合に。椿は「月の輪」 桜は「関山」、
奥の四ツ目垣は、コクテールの成長に合わせるようになんと、音符のように波を打ちました!

トマト茄子の後は椿「月の輪」と関山桜に

  
After 〈完成〉
春。仕上げは、名栗(ナグリ)の名人原田氏に制作をお願いしていた、大きな曲がりの山名栗を使って、薔薇のアーチ。名栗とは腐れにくく丈夫な栗材を手斧(チョンナ)でなぐったもの。熟練の手にかかると、全くささくれず、栗独特の艶肌が見事。
支える柱もほぼ無節の栗、10cm角。こちらは伝統工芸士おさむ工房に無理をお願いしました。
品のある素材は、それだけで美しく温かさを感じます。一流の職人たちの親身なご協力やアドバイスには、ほんとに感謝です。

名栗のアーチ、栗の柱で完成。
町並みの雰囲気も、やわらかくなりました。


翌年の春には
そして翌年。花が繋がりアーチの完成。(2017/05/24)

    
   ..............................................................................

内側から見ると…

          Before〈着工前〉
勝手口着工前 (中の様子)

           
          After 〈完成〉

勝手口跡(中の様子)

名栗のアーチ

3年後


ヒノキと竹で組んでみた2個の四ツ目垣風の衝立は、あちこちに軽く移動出来て景色の変化も楽しめ、思いのほか重宝しているようです。
石畳のテラスには、いざという時、車を2台入れられます。

            ......................................................


同じように玄関前も、コンクリートの塀や門扉を半分取り去り、石畳のスロープにしました。

Before  玄関側

〈左袖の塀を取り去ったところ〉
玄関 左袖のブロック塀を取り去ったところ

   ↓
After 玄関側

〈水栓柱やホースは、分厚い古板石の裏側を使って井戸風に納めました。左手のコンパクトな竹垣には、この夏、大輪の朝顔が絡みます。〉
玄関完成 「大輪の朝顔を植えようか」



庭のバラたちも,
最小限の手入れにもめげず、やさしく、おだやかに咲いてくれています。



春がすみとアゲハチョウ
春がすみとアゲハチョウ




ピース
ピース




しのぶれど
しのぶれど



夢




ニュードーン
ニュードーン





ヘンリーフォンダ
ヘンリーフォンダ





黒蝶
黒蝶





ファイルフェンブラウ
ファイルフェンブラウ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nichinichian.asablo.jp/blog/2015/05/06/7627964/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。