墓と平和:美山町2020年05月31日




例年ならばこの時期 
ポツン ポツンと現れる
ササユリの香りが ほんのりと漂っていた場所
美山町の里山で少し仕事をしました




暮らしと墓



墓と暮らしは 土と日の一字違い
生活が見える場所に家族のお墓もある
この国では
どこにでもある風景でした





   Before 

before(2)

   ( 墓前に余裕が無くて足もとが危ない状態)


  After 

after(2)

   ( 法面を整形し墓前を広げ、くつろげる場所に )





愛する者がそこに眠り
いずれそう遠くない将来自分も眠る


土と共に生き
また土に戻る


それは繰り返す
核と化学物質で
土が死ぬまでは




 Before 

before(1)




 After 

家族が眠る

    ( 土や、土留めに使ったクリ、ヒノキ、植栽したアセビ、
   シキミ、水仙、苔、階段の石等はすべてこの山にあるもの )




私達は 自然界では弱い生物
真実は 目に見えないけれど
幸せとは たぶん
消費することではなく 愛が伝わること

贅沢とは
近くでとれるものを使い
手間暇かけて持続する 
面倒で ていねいな暮らしのこと





お墓は狭くて暗い場所ではなく
我が家でいちばん見晴らしが良くて
朝日の当たる さわやかな場所



暮らしを見る


庭の木々や 野の花々とともに
このお墓もまた 家族の成長と変化をながめています


心地よい風が吹いています







足もとのイカリソウ

          ( イカリソウが足もとに )



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nichinichian.asablo.jp/blog/2020/05/25/9250356/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。