ついでに Before & After :京北2008年11月20日

住友林業の家。座敷廊下の曲がり角、掃き出し窓の中庭なんだけど。
これもプロが作ったそうだ。ピンコロ石の数珠つなぎが得意な方だったみたい。
室内からは、笠しか見えない雪見灯篭。こんな据え方も案外多い。
座敷側の広い庭に燈籠がないので、この雪見を移そうという話で始まった仕事だったが・・・

Before
家の中からは重要な場所だが、すべてが意味不明。

                             ↓
After
沓脱ぎも六方石も延石も再利用。この純国産延石、いいな。

六方石のハギレは、室外機の前にモルタルで立ててびっしり一列にくっつけてあった(!?)のを解体して利用。
囲いの延石は、沓脱ぎにした石とともに所有される畑に転がっていたが、今では貴重な渋い材料。
ご近所の竹林でころあいの竹を1本戴いてきて軒内に。
板きれで波紋用の櫛も作った。
陽も雨も当たらない軒下なので植栽はやめ、メンテを考えて白川砂の下はモルタル敷とした。

これがメインの仕事ではなく、廃品を使ってついでに遊んでしまったのだけれど、こっちのほうがすごく気に入ってもらえて、なんだか面白かった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nichinichian.asablo.jp/blog/2012/06/22/6491340/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。