バリアフリーでメンテフリー : 美山2006年06月12日

 

 

 軽トラで家の周りを楽に通れるほど機能的にレイアウトされ、建て直されたお屋敷。
その機能性を妨げぬように庭の設計をしました。
広い砂利敷きには、草も生えるなど、案外管理がたいへんです。

Bifore
着工前。1999年、生垣のみ施工済み。

                               
After
インターロッキングブロックを敷き詰めた


インターロッキングブロックを使うことを提案してくださったのはご主人でした。

日本庭園のセオリーをあえて無視し、敷石や延壇、庵治の飛石との段差もすべて無くしました。

メンテナンスを最小限にとどめ、車でも車いすでも自由に入れるなど、庭の使い道は大きく広がりました。



 Before
着工前。

                                                     After
移植されていた百日紅の大木を戻して作庭。岡崎産雪見灯篭。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nichinichian.asablo.jp/blog/2006/06/12/6513413/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。